セカンドオピニオンは原則1回です

「セカンドオピニオン」とは、現在の自分の病状や治療方針について、他の医師の意見を求める事を言います。
医師からの説明を受けても、治療に対して決断が出来なかったり、迷いがある等の理由で他の医師を訪れて新しい見解や知識を取り入れるという目的でセカンドオピニオンは行われます。その事によって、病気や治療に対しての知識を広げる事が出来ますし、納得したかたちでの治療を受ける事が出来ます。
セカンドオピニオンと似たようなものに「転院」と言うものがあります。


転院は、今まで通っていた病院や担当医に対して何らかの不信感や不満があり、病院を変えるというものです。
セカンドオピニオンは、現在通っている病院や担当医にかかる事を前提としています。
つまり、セカンドオピニオン担当医を変える・病院を移るという目的で行われるものでないという事を理解するべきでしょう。自分の意思に沿う医師を探し、病院を変える事は、避けるべき事です。その間に病気が進行する事はあっても、治る事は少ないからです。
セカンドオピニオンと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。セカンドオピニオンとは主治医の診察以外に、他の医師による診断を受けることを言います。
医者も人間ですから間違いもあるでしょうし、他の医師の診断や意見を聞くことで、主治医の診断に納得行くこともあるでしょうし、他の治療方法などについても意見を聞けたりするメリットがある行為です。一人の意見や見解だけに囚われることなく、広く意見を聞くことは良いことです。



セカンドオピニオンで誤診であったことが判明したり、違った治療法を見つけられたりしたような話も少なくありません。
セカンドオピニオンを行うことによって、自分に合った治療法を選べば良いのです。海外では自由診療などが常識となっています。どのような治療方法を取るのか患者が選ぶことができるのです。
またセカンドオピニオンは海外では常識的な行為です。
日本においては医者は特別の存在的な扱いである風潮がありますが、サービスを選ぶかのように、海外では医者も選ぶのです。

Posted in: 未分類 by master コメントは受け付けていません。
Copyright © 2016